2018年09月29日

磯寿司 @旧築地市場

築地の移転が迫る中、再び寿司を食らいたいということで築地へ行ってきた。


もちろん、電車ではなく愛車のV40CCだ。

本当は寿司大に並ぼうと考えて3時に着いたのだけれど、前夜から並んでいる人が多く新たに並ぶことができなかったので断念。
大和寿司も同じだった。
(ここであきらめずにタイミングを見れば並ぶことができたようだが、彼女が気を使ってほかの店でよいと言ってくれたので移動した。)


R0005543.jpg







都内のコインパーキングは高い。
最大料金などいろいろと下調べをしたものの、目をつけていたものはどれも満車。
適当に流していると案外安いところがあったのでそこにイン。

IMG_0662.HEIC


ちょっと離れたところだったから、二人で眠い目をこすりながらぼちぼち歩く。
そんなこんなで3時半ごろ、磯寿司の前に並び始めた。


R0005536.jpg

といってもまだシャッターすら開いていない状態だった。
近くの問屋さんに聞くと、6時からだからシャッターは開いていないとのこと。
今日は営業するはずだ。きっと。


その後一組、二組と僕らの後ろに並び始める。(シャッターはま開いていない)
4時半ごろだろうか、心配になって店の裏の方を覗いてみたが、電気はついていない。
ちなみに隣の定食屋は3時ごろからすでに仕込みを始めている。大丈夫か?


5時過ぎ。僕らの後ろにも10名くらい並び始めていたが、一向にシャッターは開かない。
「本当に今日営業するよね?」なんて彼女と心配しながら立っていた。
これで時間を過ぎても店が開かなかったら、なんとも言えない感じになってしまう。
とここで彼女が「一応、ほかのお店の並び状況見てくるわ。」と立ち去ってしまった。
あぁ大丈夫かな。5時半に30分前になっても開かなかったシレっと逃げよう。

そう思った矢先、ガラガラっとシャッターが開いた。
と同時に板前さんの驚いた顔が現れた。
「並んでるよ、おい。」そう言いたげだった。


もしかしたら普段はここまで並ばないのかもしれない。

R0005537.jpg
「もう少しお待ちください~」なんていいながら看板を店先に並べる。

ようやく彼女が帰ってきて、一安心。
さて、何にしようか。

彼女はマグロ尽くし一択。(実に男前である)
僕は”限定”の文字に負けてしまった。(実に女々しい)


お店に入ったのは6時過ぎ。
席につくと
板前さん「限定で?」
僕「はい。」
彼女「マグロ尽くしで。」←男前だ


そうして彼女のマグロ尽くしが先に現れた。
板前さん「待たせちゃったし、いいとこ入れといたから。」



R0005545.jpg



今日は僕の負けだ。





続いて僕の限定セットが保管おお客さんとともに並べられていく。

まずはマグロ三種。

R0005543.jpg

大トロ、赤身、中トロだっただろうか。

これが抜群にうまい。2週間前に食べた鮨文に劣らない。いや、それ以上かもしれない。


R0005548.jpg
















続いてはアジ、サーモン、卵。
これらは美味しかったものの、マグロほどのインパクトではなかった。

R0005552.jpg

次に天然カンパチと甘エビ。

見た目は普通の甘エビだったが、甘みが非常に強く、生クリームを口に含んだのかと錯覚した。
いやはや見た目で判断してはいけないのは人間だけではないようだ。

R0005553.jpg
イカ、貝、ウニ、イクラ。

これらについては他店の方が上かもしれない。



ということでこれにてセットは終了。


隣でマグロのストレートフラッシュを平らげる彼女に触発され、大トロを追加オーダー(確か500円)
やっぱりうまいよ、このお店はマグロが絶品だ。次ぎ来たら絶対マグロ尽くしだ。


R0005554.jpg

続いてもともと食べたかった赤貝をオーダー。
正直、満足いくか心配だったが、立派な赤貝が出てきた。

握る前に板前さんが手のひらでパチン。これで身がしまって食感が良くなる。



R0005556.jpg


時間は6時半。今からでもマグロ尽くしを食べられそうだったが、これにて今日は終了。

恐らくもう目にすることはないであろう築地市場をぶらぶらしながら車へ。

豊洲に移転したらまた行こうと誓い、築地を後にした。








posted by イリジウム at 00:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

バイク ブログランキングへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。