2014年12月22日

おっといけない、ストトリも限定車→Street Triple Rx 限定車発売

どうやら私が浦島太郎状態になっているだけのようだった。

スラクストンのみならず、ストリートトリプルでも限定車が発売だ。

今回のカラーは

マットアルミニウムシルバー



いったいどんなバイクなんでしょうか?
今日はちょっと疲れているので、紹介文はHPからコピペです

読むのがめんどくさいあなた、下に通常のRモデルと今回のRxモデルの写真があります。↓


Street Triple Rxは、マン島TTレースと、Daytona 200に勝利したスーパースポーツであるDaytona 675R譲りのアグレッシブで圧倒的にクールな車体デザインが相まって、誰もが振り返るスタイリングをしています。
  クラス最高峰のスペックをもつTriumphのStreet Triple Rから派生したこのモデルは、リアのシャープな造形、新しく設定されたアルミニウムシルバーペイント、Rを特徴付けるレッドペイントなどユニークな外観が特徴です。 角ばったシートはDaytona譲りで、Street Tripleのアグレッシブなスタイルがさらに強調されています。
 新しいマットシルバーのペイントと深いディアブロ・レッドの塗装でくっきりしたラインが強調され、フロントとリアのレーシーなホイールの鮮やかなハンドペイント仕上げがそれを引き立てています。シートカウル、ベリーパン、そしてフライスクリーンの造形美が、Rxの攻撃的な持ち味をまろやかにしています。
 Street Triple Rxの心臓部は、Triumph伝統のトリプルエンジンです。675 ccの12 バルブユニットは、Daytona 675から受け継いだものを、パンチの効いた104 PS と驚くほどリニアな68 Nmのトルクでストレスのない駆動力と加速が得られるよう再チューンしたものです。滑らかなクロスレシオの6速ギアボックスと、クイックシフター、そして扱いやすいスロットルコントロールの組み合わせで、Rxは胸のすくような走りを見せます。 そしてそこには常に、魂に響く独特な“唸り”を上げるトリプルサウンドのエグゾーストノートが響きます。
  Street Triple Rxが初心者のライダーから上級者までの心をとらえるのは、そのエンジンだけが理由ではありません。計算されたライディングポジションによってライダーは、テーパードフラットバー、シート、わずかにリア寄りにセットされたフットペグの中にピタリと収まり、快適さとコントロール性を両立します。洗練されたシャシーとダイナミックな車体バランスは、独自の8ピースアルミニウム製ツインスパーフレームと2ピースダイキャストリアサブフレームによって支えられ、それに取り付けられた41mm KYB製倒立フロントフォークはプリロードとリバウンド、そしてコンプレッションすべてのダンピングが調整可能で、ライディングスタイルや状態にあったフロントエンドのセッティングが思いのままです。
 310mmツインフローティングディスクによるブレーキングは、洗練された標準装備のアンチロックブレーキシステムでバックアップし、不要な場合にはそれをオフにすることもできます。徹底的に調整されたジオメトリーの効果も相まって、Street Triple Rxは自然でシャープなハンドリングにより、速度やライディングコンディションにかかわらず安定性と俊敏性を発揮します。
 LCD多機能インストルメントパネルには、大型タコメーターとデジタルスピードメーターに加え、ラップタイマー、プログラマブル・ギアシフトライト、燃料計、時計、ギア位置インジケーターが備わっています。オプションのTriumphタイヤ空気圧モニターシステムを装着すると、前後タイヤの空気圧を時計表示部に表示させることができます。 Street Triple Rxは、ネイキッドストリートバイクのスタイルとたたずまいにスポーツバイクのハンドリングとパフォーマンスが合体し、スタイリングの美しさによって完成した新しい姿を提案します。


だそうです。



で、何が違うの?
って言われそうなので、ざっくり比較しましょう。


まずこちらが通常モデルのストリートトリプルR



そして今回のRx

http://www.autoevolution.comより


確かに若干リアがシャープになった感じですが、それ以外はそこまで大きく異る印象はありません。

それもそのはず、主な特別仕様内容は以下の通り

・Daytona675のレッドペイント・リアサブフレーム装着

http://www.autoevolution.comより

・ディアブロレッドのホイール、スペシャルデカール、シートカウル、ベリーパン、フライスクリーン装備

http://www.autoevolution.comより

・クイックシフター標準装備

(写真はStreet triple R:Triumph HPより)

・切替式ABS付Nissin製ラジアル4ピストンキャリパー

http://www.autoevolution.comより

・フルアジャスタブルKYB製フロントフォーク

http://www.autoevolution.comより




ざっとこんなかんじです。なんとなく伝わりましたか?

日本には30台のみの入荷だそうで、コレも早い者勝ちですね!


メーカー希望小売価格 ¥1,260,000円 (税込)



限定車とはいえ、やはり良心的な価格設定が私は好きです。








posted by イリジウム at 22:14 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

バイク ブログランキングへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。