2014年08月21日

ボンネビルのエキパイ

バイクのカスタムと言えば先ずはマフラーから。
という方も多いと思う。
私も慣らし運転の後、すぐにTOGAに交換した。(既に立ちゴケやセンタースタンドがぶつかってボコボコですが…)


エキパイにはバンテージを巻いているが、なかなか渋くて気に入っている。

48724779-163D-4B90-8FAB-451B98DEBA33.jpg
しかし他のバイクならフルエキマフラーが出回っているものの、ボンネビルではあまり見かけない。

ヤフオクでたまにswept backのエキパイを見かけるが、あれはどうもキャブレター仕様専用らしい。
インジェクション仕様の排熱センサーがつかなかったりして、どうにも取り付けが出来ないようだ。


↓排熱センサーとはこれのことかな?
4F7E17BA-37EB-4E16-8773-904CB899BDFE.jpg

あの独立管、なかなか興味をそそられる。
でも付かないなら仕方ない。

ほかに面白いパーツは何か無いだろうか?


ノーマンハイドではスクランブラーのようなマフラーを取り扱っている。


これだとパニアケースはつかなくなるけれど、ストリート仕様には持って来いかもしれない。
念のためチェック。

↓こちらはBritish Customsでの取扱商品。
「これもO2センサー(排熱センサーのことかな?)を外してね」との記載が。
確かに写真を見ても取り付ける場所が見当たらない。



http://www.british-customs.com/british-customs-2-into-1-exhaust-system.html

↓同じくBritish Customsで発見したのがこちら。
これは「インジェクションモデルのO2センサーと、08以前のジェットキットにも対応」とある。

http://www.british-customs.com/triumph-bonneville-thruxton-stainless-steel-full-exhaust-system.html

対応車種は以下のとおり

Triumph Bonneville (01-10)
Triumph Bonneville Mag Wheel (09+)
Triumph Thruxton (04-10)


最後はこんなユニークなもの

http://www.british-customs.com/british-customs-high-header-exhaust-system.html

British CustomsでボンネビルT100用のパーツを検索したら出てきた。
でも写真はスクランブラーだよね?


装着できるのだろうか・・・・







posted by イリジウム at 06:58 | Comment(0) | ボンネビルカスタム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

バイク ブログランキングへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。