2014年08月02日

土曜の朝の悩み事

ボンネビルの純正サスはすこぶる乗りにくい。
前のゼファーに戻りたくなるくらいだ。


そういうわけで最近はヤフオクでカスタム用品をチェックしつつ、
サスペンションについて思いを巡らせている。


「サスならオーリンズ」なんてよく聞くのだけど、実際のところどうなのだろうか。
オーリンズから出ているのはタイプ形状S36E、型番はTR326。
スラクストン・スクランブラー用だとS36DR1LのTR 538となる。

スラクストン用は車高調整や多段階の調整ができるぶん、お高い。
ボンネビルのレースカスタムで装着しているのをたまにネットで目にする。
ちなみにサスの長さは375mmとオーリンズHPには記載されていた。

一方でボンネビル用は341mmと短くなっている。


私の場合車高を下げる方向で行きたいので、スラクストン用は除外される。
色々とセッティングを買えて楽しみたいところではあるが、レーサーに乗っているわけではないので仕方ない。


低くしつつ性能を、という話であればやはりAELLAなのか?
メーカーHPではショートサイズも標準サイズも6万円程度。

同じく有名なBITUBOはもう少し安いが、車高は変わらないようだ。
うーん、悩む。

何かアドバイスが有れば、ぜひ賜りたい。








posted by イリジウム at 07:02 | Comment(0) | ボンネビルカスタム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

バイク ブログランキングへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。