前の記事 TOP 次の記事

2014年07月17日

【追記更新】ボンネビルのエキパイに耐熱バンテージを巻く&その後

暑いくせに雨ばかりで全然バイクに乗れてません。
今回もたまにポツポツ小雨が降る中の作業です。
何をしたかというと、ズバリ耐熱バンテージ巻き。
先日バイクカバーがエキパイの熱で溶けたことと、ちょっとボバースタイルに憧れていたので試しにやってみました。


今回使うのはこれ。

8D0A7F42-6932-489B-B218-63CA0F6D842A.jpg

Amazonで普通に売ってます。今回初めて知りましたが、太さや長さなどいろんなものがあります。

外国のトライアンフ掲示板に、サーモバンデージの板が。英語ではWrapと言うらしい。
どうやら幅五センチで、長さは15mの物が丁度いいとのこと。今回買ったのも同じ太さと長さのもの。
値段は六千円程度でした。









1水に浸す
ネットで仕入れた事前情報では、先に水に浸しておくとグラスウールが散乱しなくていいそう。

なのでさっそくドボン。何故か洗面台でやってしまった。。。バケツをお勧めします。
CF9B5B28-E527-4619-8E03-F3F71C730FCD.jpg

ブクブク泡がでできますが、そのまま放置。内側まで水を吸わせます。

2切る

水を完全に吸ったらベローんと伸ばして二等分します。ボンネビルはエキパイが二本ですし、バンデージもこれしかないので半分ずづで何とか間に合わせます。


さて、ここまでして車体確認(遅い)
掲示板にはエキパイは外してからバンデージを巻く方が簡単だと書いてありました。
でもブレーキ周りやステップを外さなくてはならないようだったので、付けっ放しで巻きます。

3巻き始め部分を固定し、ひたすら巻く!

ホームセンターで買っておいたステンレス製のバンドを使い、エンジン側からバンデージを止めてスタート。
ひたすらグルグル。
48724779-163D-4B90-8FAB-451B98DEBA33.jpg

不器用な私には均等に巻きつけることは難しく、カーブがキツイところはシワになってしまいました。まぁ気をつけて見ないと分からないので、そのまま続行です。

4F7E17BA-37EB-4E16-8773-904CB899BDFE.jpg

ステップの留め具のところまで巻いたら完了。こちらもステンレス製のバンドで固定です。
E3C9BE60-B9EA-4C7C-A8A9-87DEF479314A.jpg

そんな感じで反対側も巻きつけて終わり!
こんな繊細な作業は自分には無理だとわかりました、。。








出来上がりはこんな感じ

A156B56E-AC7B-4EC6-A74B-9F9ED73F6401.jpg

なかなかな真っ黒具合です。パニアの調子も悪くない。

あとエンジンかけてしばらくは煙モクモクですが、ビックリしないでください。




追記

あれから半年、距離にして2000km程度走りました。
かなり色が落ちてきて、コレはこれでいい味出してます。









更に現在6000kmほど走行したのがこちら↓





だいぶエンジン側が白くなってきました。
やはり高熱になるところは色が落ちやすいのかな?

そろそろ色落ちが落ち着いたと思います。










↑いろんな長さがありますが、
エキパイが2本なら15mですよ!
お間違えなく!



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。


posted by イリジウム at 22:00 | ボンネビルカスタム

前の記事 TOP 次の記事




Powered by Seesaa