2011年09月11日

ツーリングレポート〜上高地、乗鞍〜

どうもこんにちは。
お久しぶりでございます。

DSC_0637.JPG

ここのところ特にバイクに関するネタがなく、
ブログやHPの更新もツイッターもサボっていました。

ブログならまだいいのですが
HPを更新するのには結構エネルギーが要るのです。


あまり詳しくない私にとって、FC2はちょっと使いにくい。
画像の挿入とかあれこれ面倒な操作があって、なかなか
イメージどおりにHPを作れない。


今回はツーリングの記録ですが、撮影した写真は
まだまだあるので、そのうちHPにアップしようと思っております。



さて、今回は新たにツーリングに行ったので、
そのレポートでございます。


このたびは上高地、乗鞍へいってきました。


天気が心配でしたが何とか降らず、快適な旅でした(1日目は)

ルートとしてはずっと高速で茅野まで走り、そこからビーナスライン
で車山を経由して松本まで下りていきました。

白樺湖川から車山方面へ走っていったのですが、なかなか
良い道ですね。
途中「音の出る道」?みたいな物があり、走ると道路から
メロディーが聞こえるようでした。

期待して道路の上を走ってみると・・・・・


「ファアァアアァァアアーーン〜」

      ん?よく分からないのでもう一度


「ふぁぁぁぁぁぁーーーん」

はい、自分のバイクの排気音しか聞こえませんでした。

一緒に行った友人に聞くと、車で通ったときには音が
聞こえたとの事。

純正マフラーにしておけば多少は聞こえたかもしれませんね。


さて、いざ車山。

DSC_0586.JPG


良い感じに晴れていて気持ちが良い。
もちろんリフトで上っちゃいます。

山頂に到着したのが16時ごろ。最後の下りのリフトが16時半
だとかであまりゆっくりできませんでした。

写真も撮ったのですが、特に良い写真と言うわけでも無いので
今回は割愛いたします。


駐車場まで戻るころには山頂付近はすっかり雲で視界がさえぎられていました。


DSC_0620.JPG

さて、ここで問題。


宿泊先は松本からさらに乗鞍方面へ入っていったペンション街です。
チェックインは7時と伝えてましたが、もう5時です。



「間に合わない。」




一応宿に一報入れ、急いで松本へ降りていきます。

DSC_0625.JPG

途中の道のりですが、詳しい峠の名前はわすれてしまいました。
確か扉峠だとかそんなこと言ってましたね。
かなり雲?霧?もかかっていて視界不良のなかを
走っていきました。

もうすぐ松本と言うところで、「松本への近道はこちら」という
案内板を発見。


うーん、うそっぽい。
どう見ても道は狭いし、街灯もろくになさそうな感じです。
地図を見てもどの道だったのかさだかではありませんが 、
せっかくなので近道を通っていきました。

結論から言うと「楽しかった。」
山の中を走っていると言う感じで、しかもそれなりに
舗装されていたので走れないことは無い。


ただ最後松本へと降りる坂道がとっても急でした。
あちこちに「回生ブレーキ・エンジンブレーキ使用」
と書いてあり、その通りにしないとブレーキが効かなくなりそうでした。

エンジンブレーキを多用しながら降りたのですが、
あまりにも急勾配だったのでさすがのエンジンも
悲鳴を上げそうでした。


今度は近道ではないほうを使おうと思います。


そんなこんなで市街地へ到着。宿までの間で夕飯を
とろうと言うことになり、お店を探します。


反対車線側にはレストランが多いのに、なぜか私たちの走る
斜線側には飲食店が無い。。。。。


しばらく走らせるとぽつんとそばうどん屋さんがありました。
結構本格的なお店で料金もそれなりの値段。

食べ応えのあるものがほしかったのでうどんを注文。

DSC_0668.JPG

いやー、疲れた体に染み渡るおいしいうどんでした。

食べ終わって気がついたのですが、このあたりはNHKドラマ
の「おひさま」で有名な地域なんですね。


確か主人公の家はお蕎麦屋さんだったよな・・・・・・




うどんじゃなくてそばにしておけばよかったかな。


1日目のレポートはここまでです。
また後日2日目を更新いたします。







posted by イリジウム at 09:05 | Comment(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

バイク ブログランキングへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。