2011年06月19日

にゅーずうぃーく

本日はnewsweekを購入しました。以前は定期的に読んでいたのですが、体調を崩してからちょっと遠のいていました。

今回は中東系のお話がメインだったのですが、その中で中国とベトナムの軋轢に関する記事がほんのちょっとだけありました。
この二国間の関係について知識がなかったので、私なりにまとめてみました。

〜激しく憎しみ会う中国とベトナム〜

過去に社会主義国同士ではあったのものの、互いにいがみ合っていた両国が最近になって再び不仲になっているという記事でした。
無知でお恥ずかしいのですが、「中国っていろんなところと仲悪いんだね。でも何で?」というのが調べるキッカケでした。
今回舞台になっているのは南沙諸島という場所で、大体地図にある場所です。


大きな地図で見る


ちょっと地図だと島が散りすぎていて分かりにくいかもしれませんが、大体この辺だと言うことでご理解ください。

この海域は中国、ベトナムだけでなく、ブルネイ、フィリピン、マレーシアなども領有権を主張しているそうで、非常にホットな場所のようです。
記事によるとこの海域にベトナムが海底ケーブルを通していたところ、先日中国漁船によって切断されそうになったとして問題になる。これを受けて双方の意見が食い違い、ベトナムでは反中デモが起こったそうです。

〜なんでベトナムと中国が?〜

そもそもなぜ中国とベトナムが対立しているのでしょうか。
原因は1970年代にまでさかのぼります。

1975年、ベトナム戦争が終結したあと、カンボジアとベトナムの国境付近で紛争が起こりました。
これが引き金となり78年にベトナム軍がカンボジアに侵攻。79年にポルポトが敗走し、カンボジア北部のタイ国境付近にあるジャングルに逃げ込みます。彼はここでゲリラ活動などをし、抵抗を続けます。
これがカンボジア全土での内戦につながり、ソ連が介入し始めました。このときソ連はベトナム軍を支援したため、当時ソ連と対立していた中国がポルポトを支援しました。

ソ連     VS 中国
ベトナム軍 VS ポルポト軍

これによって自然とベトナムと中国が敵対的な関係になり、79年に中越(中国・ベトナム)戦争が勃発。
その後すぐに中国は撤退したのですが、ベトナムには反中感情が残っているようです。

〜なぜ南沙諸島が取り合いに?〜

ベトナムと中国はこのように歴史的にわだかまりがあるわけですが、なぜ南沙諸島をはじめとしたこの海域でいざこざが起こるのでしょうか?
実は南沙諸島以外にももめている海域があるのでまとめておきます。

東沙諸島・・・・台湾が実効支配し、空港も建て飛行機を飛ばしている。しかし中国も領有権を主張。

西沙諸島・・・・台湾、中国、ベトナムが領有権を主張。しかし去年中国が西沙諸島の観光開発を発表し、ベトナムではまた反中感情が高まったそうです。http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0106&f=politics_0106_003.shtml

中沙諸島・・・・なにやら中途半端な状況のようですhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E6%B2%99%E8%AB%B8%E5%B3%B6

南沙諸島・・・・中国、ベトナム、フィリピン、マレーシア、ブルネイが領有権を主張。


なぜこの海域が取り合いになっているかというと、ヒントは太平洋戦争にありました。


〜かつては日本の支配下に〜

太平洋戦争で日本が負けるまで、これらの海域は日本が支配していました。
ところが敗戦後に日本がこれらを手放した後、どこの国に帰属するのかをちゃんと決めていなかったことが原因のようです。

たしかに誰の領土とも決まっていないのであればみなこぞって領有権を主張しますよね。

ただ決着はつくのでしょうか?

北方領土のように二カ国でもめている分にはまだ何とかなりそうですが、南沙諸島はもう五カ国も名乗りを上げているわけです。
そう簡単に決着がつくとは思えません。もしかしたらどこかの国に所属させることには無理があるのかもしれませんね。

それにしても過去の出来事がここまで国民感情に影響しているなんて驚きでした。
今の事しか知らないと見えてこないものが、歴史によって結ばれていくように思います。同じアジアに住んでいる以上、誰がどこでどうしてもめているのかと言うことにも気を配って生きていかなければなりませんね。


またきになる記事があったらご紹介いたします。

では、今日はこの辺で。







posted by イリジウム at 23:59 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

バイク ブログランキングへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。